脇汗の原因

肥満

脇汗をかきやすい、かきにくいというのは遺伝によるものが大きいと言われています。ですが、太っている人は汗をかきやすいと言われています。もちろん痩せている人よりも比較的体温が高めですし、体重が多いために消費するエネルギーも多くなるので、汗がかきやすいという事になるのです。

汗というのは基本的に体温調節の為にでてくるものです。肥満体型になると皮下脂肪が厚くなり、熱を身体の外に逃すのを邪魔をしてしまいます。そのため体温がますます上昇するため大量に汗をかき、多汗症となることがあるのです。

太っていて脇汗が気になるという人は、まずダイエットをしてみるといいでしょう。太っている人の汗というのはベタベタした汗の場合もあります。これは肥満体型の人は動物性脂肪を多く摂取することが多いために、汗腺を刺激し発汗を促してしまう事にもなるのです。ダイエットをすることで、皮下脂肪を減少させることできるので、それだけで脇汗の解消になる事があります。

また、運動をしてダイエットをすると新陳代謝も活発になり、汗を多くかきますから汗とともに老廃物も排出してくれます。それにより臭いのないサラサラした汗をかく事になるのです。運動をして汗をかくと多汗症が改善されるというのは一見矛盾しているように思われますが、健康的にも効果が高いのです。

肥満といっても、見た目が太っているというだけでなく内臓脂肪がついている人もいます。そういった人も代謝が悪くなりますから気をつけなければいけません。