脇汗の原因

食生活

脇の汗を多くかいてしまう原因の一つに食生活があります。食べ物というのは、消化器官で栄養を消化吸収された後、肝臓でエネルギーに変えられ熱を発生させます。そのため、食事の後というのは汗をかきやすくなります。それで一番汗が出やすい脇から汗が出てくるという事になるのです。

とはいっても、誰しも食事は毎日摂取するものですから、それほど気にしてもしょうがありません。ですが、食事の内容によって脇汗の量が変わってくるのです。最近日本人で脇汗をかく人が多くなってきた原因の一つにも、食生活の変化もあるのです。

昔は日本人の食事というのは野菜や穀物などを多く含む和食が定番だったのですが、最近では肉類や乳製品などの動物性食品を中心とした洋食も多くなってきています。この食の欧米化により、脇汗をかきやすくなったと言われています。こういった肉類や乳製品などの食品というのは脂肪分が多く、体温をより上昇させる原因になります。そのため脇汗もよくかくようになってきているのです。

また、動物性食品を多く摂取すると身体に脂肪を蓄積させやすくなりますので、肥満の原因にもなります。肥満になると汗をかきやすくなりますし、ねっとりとした臭いのある汗をかくようにもなるのです。

もちろん、食生活を突然和食中心に変えたところですぐに脇汗をかきにくくなるという事はありませんが少なからず効果はあるはずです。そして、身体の為にもバランスのいい食事をすることで新陳代謝も活発になり、健康的な汗をかくようになり、汗をかいても臭いのないサラサラしたあせをかくようになるのです。