脇汗の原因

ストレス

脇汗というのは、運動をした時や暑いとき、暑いものを食べた時などによくかいてしまうものです。ですが、そういった状態ではないのに大量に脇に汗をかいてしまうという事があります。それは精神的ストレスを感じた時などです。

よく、人前に出ると緊張して何も話ができなくなる、失敗すると焦ってしまいドキドキするという場合にはほとんどの人が脇や手のひらなどに大量に汗をかいてしまいます。これがストレスによる汗なのです。また、自分が脇汗をかきやすく、臭いが発生したり、シャツの脇の部分が滲んだり黄ばんだりするという人は、そういった汗をかく場面に遭遇する前に、ストレスでさらに汗をかいてしまうということがあるのです。

こういったストレスによる脇汗対策には、やはり精神的な治療が必要となります。ストレスを感じなければ脇汗をかく事もないのですが、なかなか人によっては克服できないものです。よく脇汗や多汗症の治療に精神安定剤などを処方される事もありますが、これは汗をかかないようにするというものではなく、精神的に落ち付かせることでストレスを感じないようにさせるためのものなのです。

そのため、ビタミン剤を安定剤と思いこませて飲ませただけでも脇汗をかかなくなるという事もあるのです。またおまじないのようなものになりますが、これをすると自分の気持ちが落ち着くというような何かを見つけ出すといいかもしれません。

もし、どうしてもストレスを感じてしまうという人は、精神安定剤などではなく本当に汗をかかなくするような手術をおこなうといいかもしれません。