脇汗の原因

ワキガ

脇汗といってもいろいろな種類があります。脇汗が気になるという事は、人によっては臭いが気になってしまうという事もあります。脇汗の臭いが強すぎて困っているという人はワキガである可能性もあります。

汗が出てくるところは実は一つではないのです。汗を発生させるところを汗腺といいますが、この汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺というのがあります。この中でワキガとなるのがアポクリン腺から分泌される汗なのです。

このアポクリン腺から出る汗が臭いを発生する、のではなく、じつはアポクリン腺から出る汗は無臭なのです。ところが、アポクリン腺からでた汗は脇の下にある脂肪酸や老廃物と混ざり合う事で強烈なにおいを発生させ、これがワキガとなるのです。

日本人は体質的にワキガの率は低いのですが、最近は食生活の欧米化等によりワキガの人口が増えてきていると言われています。とはいえ、脇汗をかくから、臭いが少しするからと言ってすぐにワキガだというわけではありません。エクリン腺からでる汗であっても、わきの下を綺麗にしていない、脇毛が多いというような人は臭いを発生してしまう事があります。

ワキガであるかどうかというのは実際は自分では分かりにくいものです。そのため、常に清潔にしていてもちょっと汗をかくだけで脇が臭くなるという人は専門医に確認してみるといいです。またワキガだからと言ってがっかりする必要は全くなく、最近は外科的手術等でワキガを解消する事も出来ます。

ワキガは自分ではなかなか分かりにくいところがありますから、身近な人に指摘されてから気づくという人が多いようです。ワキガの人はそれだけで周りの人に不快なイメージを持たれてしまいますから、早めの改善を心がけるといいです。