多汗症の治療

内服薬

多汗症というのは、ほとんどがストレスや緊張から来る自律神経の異常が原因となります。ようするに精神的な要素が強いのです。多汗症の治療に内服薬を飲むという方法もあります。もちろん、これは専門の病院に相談をして処方してもらうという事になります。

専門の病院で多汗症の治療薬として処方されるのが、『抗コリン薬』というものです。この抗コリン薬というのは、交感神経からの伝達物質アセチルコリンという物質の分泌を抑える働きがあるのです。それにより多汗症の症状である大量に汗をかくという事が解消されるのです。

とはいえ、この抗コリン薬というのは、長期間服用を続けてしまうと副作用が出てくることがあるのです。主な副作用としては口の渇き、排便や排尿障害による便秘などがあります。たかが便秘と思われがちですが、便秘により様々な病気が引き起こされる事もありますから注意は必要です。そのため、この抗コリン薬という内服薬は出来るだけ長期間の服用は避けた方がいいです。

多汗症の人はどうしてもその症状を改善したいと思う人がほとんどですから、効果的な内服薬に頼りがちです。もちろん効果もありますからおすすめではあるのですが常に服用するのではなく、ここぞという時に服用するといいです。

もし自分がストレスを感じる、不安を感じる場面に遭遇するという時に服用するようにするといいでしょう。また、服用しなくても常にポケットなどに忍ばせておけば、いざとなったら薬を飲めばいいという安心感で多汗症が改善される事もあるのです。