多汗症の治療

超音波治療

多汗症の原因となっているのはアポクリン腺やエクリン腺などの汗腺から出てくる汗が原因です。そのためこれらの汗腺を除去すれば汗が出てくる心配がなくなります。もちろん、これらの汗腺を手術のより取り除くという方法もあります。ですが、最近では切らずにアポクリン腺やエクリン腺を除去する超音波治療法と言うのが多汗症に非常に効果が高いと言われています。

汗腺を除去しようと思っても、脇の下には身体に大切な血管や神経組織があります。手術で汗腺を切除するためにはそれらを傷つけないようしなければいけませんので、リスクは伴います。ですが、この超音波治療法では血管や神経組織を傷つけることなく汗腺のみにダメージを与えて除去することが可能なのです。

超音波治療のメリットしては、痛みがないという事があります。切開するわけでもありませんので痛みもなく、傷口も残らないのです。そのため、超音波治療は入院の必要もなく、その日のうちに日常生活に戻れるという手軽さもあります。

また、切除手術となるとどうしても汗腺の取り残しがあるのですが、超音波治療の場合にはほぼ100%汗腺を除去することが可能なのです。また、照射する周波数によっては、汗腺だけでなく毛根ごと破壊する事も出来ます。そのためムダ毛処理も一緒にできるというメリットがあります。

デメリットして、最新治療法となるだけに施術をおこなう病院が少ないという事があります。また脇の下の多汗症には効果的ですが、その他の部位に関しては手術が行えないという事もあります。