主な多汗症の種類

全身多汗症

多汗症といっても、その症状、部位によって分類されます。脇の下や手のひら、足の裏などの局所多汗症とは異なり、普段あまり汗をかかないようなお腹や背中など全身にわたり汗をかくようになる多汗症を全身多汗症と言います。

多汗症というと一般的には、激しいストレスを感じたり、緊張したりすることで汗をかくという精神的なものがほとんどなのです。ですが、この全身多汗症というのは、原因不明の場合もありますが、精神的なものではなく病気や疾患などが原因で引き起こされるケースが多いようです。激しい運動をおこなった時にも全身から汗が噴き出してきますが、これは体温調節の為におこる生理現象なので何も問題はありません。

全身多汗症の原因となる疾患としては、先天的な遺伝という事もありますが、糖尿病、急性リュウマチ、結核、生殖器障害、バセドー氏病などの場合もあります。また、女性などは更年期障害によりホルモンのバランスが乱れ発症する場合もあるのです。

もし、運動もしていない、ストレスを感じる事もない場面なのにもかかわらず、全身に大量の汗をかいてしまうという事が頻繁に起こった場合には、身体に何かしらの異常が発生したと思い、専門の医師に診断してもらうのが望ましいです。

単なる汗っかきとしか思わない人もいるようですが、このように重大な病気が潜んでいる可能性もありますから、甘く見ない方がいいかもしれません。たとえ検査の結果、単なる多汗症の症状だという事であれば安心できますし、もし何かの病気の場合は早めに発見することで手遅れにならないで済むかもしれません。