主な多汗症の種類

味覚性多汗症

辛いものや熱いものを食べた時に汗をかくという経験をしている人はたくさんいるようです。これもその分泌量が異常なくらいの発汗となると味覚性多汗症ということになります。

味覚性多汗症が発症してしまうのは、主に辛い物を食べたり、熱いもの、酸っぱいもの、人によっては肉類を食べた時に発刊するという人もいるようです。この味覚性発汗の場合には、他の多汗症と比べてそれほど気にする事はないようです。

また、辛い物をいつも食べていれば、その辛さに慣れてしまい汗をかかなくなるという事もあります。主に味覚性多汗症で汗をかく部位というのは、主に顔の額や鼻の周辺という事になります。

この味覚性多汗症の問題としては、あまりこの味覚性多汗症を意識しすぎてしまう事です。この食べ物を食べると汗をかいてしまう、辛い物を食べると大量に汗が出るという過剰な意識により、それだけで他の多汗症を招いてしまう可能性もあるのです。

その他の多汗症を引き起こしてしまう方が重症なのです。また気にし過ぎることでその食べ物が食べられなくなったりしてストレスを感じてしまうとそれも他の病気を招く原因にもなります。

味覚性多汗症があるという人は、その事を自覚し、それは当たり前のことなのだと思う事です。それにより気持ちも楽になり楽しく食事をすることができます。しっかり自覚していれば、万が一大切な場面に遭遇した時には、そういった食事は摂らないようにするなどの対処ができるのです。