脇汗基礎知識

脇汗とワキガ

脇汗をたくさんかいてしまうという人はすぐにワキガではないかと気にしてしまう人もいます。しかも脇の下の臭いというのは自分では気づきにくいものです。もちろん、悪臭を放ってしまうという場合にはワキガである可能性も少なからずありますが、脇汗=ワキガというわけではないのです。

ワキガというのは、皮膚の下にあるアポクリン汗腺といわれる汗腺から分泌される汗が脇の下の細菌と結びつき悪臭を放ってしまうのです。とはいえ、比較的日本人はワキガになる人が少ないとされています。その理由として本来持っている体質というのもありますが、食生活にも原因があると言われています。ワキガの臭いが強くなる原因とすると動物性食品を多く摂取するためといわれています。

日本人はもともと野菜や穀物などを積極的に摂取する風習があり、植物性食品を多く摂取しているためワキガが少ない、臭いも少ないのです。ですが近年は肉類や乳製品などの動物性食品を摂取する食生活の欧米化が進んでいるため、ワキガになる人が増えてきていると言われています。

ワキガ治療をすれば、脇汗は少なくなる事もありますが、脇汗の原因が何であるのかをしっかり見極めなければいけません。単なる汗っかきである可能性もありますし、肥満体質による汗の場合もあります。またわきの下を清潔にしていないために悪臭を放つというケースもあります。

そのため脇の悪臭=ワキガと決めつけずに、まずはどういった時に臭いが発生するのか、汗をかくのかを把握してみるといです。また専門の病院で何が原因であるのかを確認してもいいかもしれません。