脇汗基礎知識

脇汗と多汗症

脇に大量に汗をかくという人は、多汗症である可能性があります。多汗症というのは、単純に汗をたくさんかく、汗っかきというものではなく、一種の病気であることをしっかり把握しておかなければなりません。

多汗症といっても部位によっていろいろな種類がありますが、脇の下に大量に汗をかいてしまうという場合には、腋窩多汗症という多汗症に分類されます。よく腋窩多汗症とワキガが混同されがちですが、全くの別物となります。

腋窩多汗症というのは体温調節をおこなうための汗をエクリン腺という汗腺から出てくるのですが、ワキガは臭いのあるアポクリン汗腺から出てくる汗なのです。要するに腋窩多汗症は無臭、ワキガは悪臭ということなのです。ですが、腋窩多汗症でも悪臭を放つという場合があります。これは、汗をかくことで脇の下が蒸れてしまい菌が増殖するためと言われています。

腋窩多汗症は暑いときや運動をした時だけでなく、緊張した時などに大量に汗をかいてしまうという特徴があります。それほど気になるくらいでなければ、制汗スプレーや制汗パットなどで解消する事も出来ます。ですが、それだけでは対処しきれない人もいます。

そういう人へは病院等でエクリン汗腺の除去やボトックス注射、イオンフォレーシスなどの治療方法がありますので、こういった方法を試してみるといいかもしれません。こういった治療法が効果があるかどうかは個人差がありますが、治療をしているというだけで精神的にも落ち着きますので、それにより精神的な多汗症の解消にもなるのです。