脇汗基礎知識

良い汗と悪い汗

脇に大量の汗をかいてしまうと悩んでいる人はたくさんいるようです。ですが一口に脇に汗をかくといっても、実はその汗の種類もあるのです。その種類というのは分かりやすく言えば良い汗と悪い汗という事になります。

良い汗と言うのは、サラサラして匂いもない汗の事です。

人間が汗をかくというのは体温調節をするために汗を出すのです。そのための汗と言うのは健康的な汗でサラサラした良い汗と言う事になります。脇汗が酷いと言ってもサラサラした臭いのない汗でしたら気にする事はないのです。

一方で悪い汗と言うのは、ベタベタして臭いを発生する汗の事を言います。悪臭を放つ汗と言うとワキガの可能性もありますが、必ずしもそういうわけではありません。ワキガではないとしても悪臭を放つという事はあまりいいことではないです。近年はこの悪い汗をかく人が増えてきていると言われています。

悪い汗をかくのは、食生活で動物性食品を多く摂取するようになったということも原因の一つです。またその他には普段汗をあまりかかなくなったために、汗腺の機能が衰え、新陳代謝がうまくできなくなってきたことも原因です。汗をかきにくくなったため、汗腺に老廃物や角質が溜まり、それが混じった汗が臭いの原因となるのです。運動不足もあり。また近年はエアコンを活用する家庭が増えたため、夏場での汗をかかない事が多くなっています。そのため悪い汗をかきやすくなっているのです。

悪い汗をかかないようにするためには、適度な運動をし、定期的に汗を流すことが大切なのです。それによりダイエットにも効果がありますし、サラサラした汗をかくようになるのです。