脇汗対策は

運動をする

自分でできる脇汗対策には運動があります。運動をすると余計に汗が出てしまうのでは?と思うかもしれません。もちろん運動をすれば汗は大量にかきます。むしろかかないほうが異常と言えます。

脇汗が気になるという人は、量が多いという人もいますが、それと同時に臭いが気になるという人もいます。脇の下は多少湿っていても目立つものではありません。ですが臭いというのはそのままでは隠しようがないのです。ただ人によって脇の下の臭いというのは異なります。汗をかいてもあまり臭くない人や、ちょっと汗をかいただけでも鼻をつんざくような悪臭を放つ人もいます。これは日ごろの運動によるものなのです。

普段からこまめに運動をして汗を流している人というのは汗腺にある老廃物や毛穴の皮脂、汚れを常に汗とともに排出しています。そのため汗をかいても臭くないのです。ですが、普段汗を全くかかないという人は老廃物などが蓄積されます。それが久しぶりに汗をかいた時に一気に出てきますので悪臭を放つのです。そのため日頃から汗をかく習慣をつけると脇汗の臭いの軽減になるのです。

また脇の下の多汗症の人も運動も効果があります。多汗症というのは交感神経の異常によるもので、ストレス等を感じると汗が出てきてしまいます。そういった人も、疲れない程度でいいので気分転換にジョギングやウォーキングをおこなう事でリラックスしますので、交感神経を整える効果があるのです。

また、運動することで肥満解消にもつながりますので、様々な病気の予防にもつながるのです。