脇汗のマメ知識

水分の摂りすぎも脇汗の原因になる?

汗っかきだから、多汗症だから水分はあまり摂らないようにする、水分を摂りすぎると症状が悪化するという噂があります。確かに、水分を摂りすぎると汗をかきやすくなるようなイメージがありますが、実はこの説は正しくありません。

一般的に水を大量に飲んだとしても、その分の水分はほとんどが尿として体外へ排出されますので、汗の量が増えるという事はほとんどありません。もちろん脱水症状となってしまえば汗もかかなくなってしまいますが、それとこれとは別となります。普段の生活で汗を流すというのは、生理的なもので体温調節の為に出てくるのです。

そのためいくら水分を控えていたとしても体温を下げようとする場合には汗は出てくるのです。逆に水分を摂らないでいると、汗はでてくるのですがそれにより脱水症状になってしまうのです。

多汗症の人も、汗をかくのは緊張した時やストレスを感じた時です。たとえ水分を控えていた時でもそういった場面に遭遇してしまえば間違いなく大量の汗が出てきてしまうのです。

こういったことがありますから、水分を摂るのと汗をかくのとは無関係ですから、必要な分の水分は摂取しなければいけないのです。脇汗に対しても同じことが言えますから、脇汗を抑えるために水分を摂らないというのは間違った説なのです。

一方、水分といっても塩分を多く含んでいるスポーツ飲料等は、飲むことで血液中の塩分濃度が濃くなってしまいますので、人によっては汗が減るという事もあるようです。