脇汗のマメ知識

お酒を飲むと臭いが強くなる?

よくお酒を飲んだ時には脇汗の臭いが強くなるという説があります。この説に対しては本当と言えます。

アルコールを摂取するというだけで体内の熱が発生しますから、それだけで汗の量が増えてくるのです。お酒を飲む人なら分かるでしょうが、アルコールを摂取すると、だんだん身体がほてってきて温かくなり、徐々に暑くなってくるのです。それだけでも脇汗が酷くなってくるのは間違いないことです。脇汗をたくさんかくという事はそれだけで匂いも強くなってくるのです。

また、アルコールを摂取すると、体内でアセトアルデヒドという物質が生成されるようになります。このアセトアルデヒドは血液を通して肺や皮膚から排出されるようになります。この時に強烈な臭いが発生してしまうのです。これはワキガの臭いとはちょっと違うのですが、よく言われるお酒臭さという事になります。人によってはお酒臭さの方が強いためワキガの臭いが軽減されるという人もいますが、ほとんどの人はワキガの臭いとお酒臭さが混じり合い強烈な悪臭になるのです。

またアルコールを飲み過ぎている人は自律神経の異常にもなりますので、汗をさらに多くかいてしまう事もあるのです。とはいえ、お酒というのはストレス発散にもなりますし、多少であれば血行も良くなり健康にもいいのです。

「お酒は百薬の長」と言われる所以はここにあるようです。多汗症などは精神的なストレスによるものが原因となりますから、お酒を飲んでストレス発散できるのであれば、ある程度は飲んだ方がいいと言えます。